ソフトバンクエアー 制限

MENU

ソフトバンクエアー 制限

通信サービスを選ぶ時に注意しないといけない事が通信制限です。
いわゆる帯域制限を呼ばれる物で、パケット通信量が定められた量を超えてしまうと速度を制限されてしまいます。
携帯電話のキャリアやモバイル通信など、ほとんど全てと言っても良いサービスにはこの制限が設けられています。

 

ちなみにソフトバンクエアーにもこの制限があるのか?
結論から言うと制限はありません。

 

パケット量は使い放題です。
ですから、光回線やADSLなどの有線のインターネットサービスと同じです。
いくらインターネットを使っても月額の利用料のみで利用する事ができます。

 

光回線やADSL回線のように工事が必要ない、それでいて、パケット量が使い放題。
ここにソフトバンクエアーの最大の魅力があるわけです。
ですから、単身赴任や一人暮らしの方には特に人気があるんですね。

 

ですが、実はソフトバンクエアーには1つ注意する事があります。
先程も言ったように、使用するパケット量によるいわゆる帯域制限はありません。

 

ですが、全体の使用量が多い時には速度制限をする可能性があるんです。
それがこちら。

 

「ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。」

 

この文章が意味する事は「個人が使う量に制限がありませんが、利用している人達全体の回線での利用量が増えた場合は速度制限をする可能性がある」ということです。
つまり、簡単に言えば、絶対に速度に制限がかからないわけではないのです。

 

実際にある時期、夜の20:00を過ぎたあたりから速度が著しく低下すると言う口コミが増えました。
(今はかなり改善されているようです)

 

光回線のような有線のサービスではないので、どうしても使用量が増えるとこんな問題が出てきてしまうのでしょうね。
いずれにしても、個人でのパケット量は関係なく使い放題ですが、速度制限がまったく無いわけではないので注意してください。

 

⇒ ソフトバンクエアー 公式ページ