ソフトバンクエアー?LTE?

MENU

ソフトバンクエアー?LTE?

ソフトバンクエアーはターミナルを置くだけでインターネットが使えるのが1番の特徴です。
つまり配線を全く必要としません。

 

ところで、配線を全く必要としない通信サービスと言えば、LTEがありますよね。
高速モバイル通信です。

 

では、ソフトバンクエアーとLTE、一体どちらがお得なのか?
ちょっと考えてみました。

 

まず、この2つのサービスで決定的に違うところ、それは通信制限です。
ソフトバンクエアーにはデータ通信の量に関しての通信制限は一切ありません。
(*ただし、利用者が非常に多い時間帯については速度の調整が行われる事はあります)
それに対して、LTEの方には使うデータ量が一定の量を超えたら、通信制限がかかります。

 

これは非常に大きな違いです。
家庭用の通信サービスとしてはこの通信制限が邪魔なんですね。
やっぱり家では「データ量なんて気にしないで使いたい」と思われる方多いと思います。

 

次に違うのは持ち運びができるか?それともできないか?
ソフトバンクエアーは配線が要らないと言っても持ち運びができるわけではありません。

 

それに対して、LTEはもちろんどこに持って行っても大丈夫ですよね。
この2つが1番大きい違いだと思います。

 

ちなみに価格はソフトバンクエアーは大体5,000円弱程度。
それに対して、LTEだと安い物なら2,500円程度で利用できる物もあります。

 

ですから料金だけで言うと、LTEのほうが安いですね。

 

さて、ここまでが違いですが、結局選ぶポイントとしては1つだと思います。

 

それは通信制限が無い方が良いのか?
それとも、それほど、使わないので気にする必要がないのか?
つまり、「どれぐらい通信量を使うのか」
結局ここが1番のポイントですね。

 

通信制限を気にしたくないならソフトバンクエアーはとても便利なサービスです。
逆にそれほど、使わないなら、ソフトバンクエアーではなくて、LTEで良いでしょう。

 

料金も安いですし、持ち運びもできる、もちろん、配線も要らないです。

 

⇒ ソフトバンクエアー 公式ページ